車の買取と売却と査定

車の買取と売却と査定

昔よりも高値で売りやすくなった車

車の売却という行動は、昔から行われていたと思います。
そもそも昭和初期の時代にも、車は存在していました。
ですのでそれくらい昔から、車の売却というものは行われていたと思いますね。
耐用年数などを迎えれば、やはり最終的には売却をする事になると思います。

 

ところでその車の売却の金額なのですが、
昔に比べると上昇しているように思うのです。
なぜなら最近では、車を高く売る為の方法がだんだんと充実してきているからです。

 

例えば車の買取業者の存在ですね。

 

買取業者のホームページなどを見てみますと、
100万円や200万円などで買い取ったという実績がアピールされている事が多いです。

 

しかし昭和初期のような時代ですと、そもそも買取業者自体がありませんでした。
このため100万円や200万円などの金額での売却は、当時は少なかったのかなと思います。

 

それと最近では、ネットオークションがありますね。

 

ネットオークションというのは、最も高値で売れる方法です。
現にオークションを用いて、かなり高い金額が付いたという事例はしばしばあるようです。
ですのでネットオークションは大人気ですね。

 

カーラインというオークションなども、今後はどんどん活用されると思います。
しかし昭和初期のような時代は、
ネットオークションを利用するのは不可能
です。
そもそもネット媒体が無いからです。

 

当時は競売のようなシステムはあったとは思いますが、
ネット媒体がありませんので高額売却は困難だったのではないかなと推理します。

 

このように最近では車を売る方法がとても充実していますので、
高額売却が成立しているような事例も昔に比べると増加していると思うのです。
少なくとも昭和初期などに比べれば、随分と車を高く売りやすくなったのではないでしょうか。

関東圏の色々なところで店舗を構えているワイズプロジェクトでは、もちろん車に対する査定を行っています。査定時には顧客に金額を伝える事になりますが、この業者の場合は概算金額を伝える事も可能だそうです。

 

ワイズプロジェクトによる簡易査定

 

ワイズプロジェクトの買取の基本的な流れですが、まず顧客はワイズプロジェクトに対して車の情報を伝える事になります。インターネットや電話など様々な方法があるのですが、どの方法でも車の情報を伝えることは共通しています。

 

その情報を元に、ワイズプロジェクトの担当者は顧客に対して連絡をします。その際に何を伝えるかというと、車の売却目安額なのです。大体どれ位の金額になるかを伝えてくれる訳ですが、その段階ではまだ出張査定などは行われません。あくまでも電話で伝えられる事になりますので、まだ対面での査定は行われない訳ですね。いわゆる簡易査定という事になります。

 

簡易査定のメリットですが、車の相場額を把握できる点です。色々な業者に対して簡易査定を依頼すれば、ある程度は車の相場を知る事ができるでしょう。そのシステムをワイズプロジェクトも提供している訳ですね。

 

伝えられる金額はあくまでも目安

 

ただ1つ注意するべきなのは、提示額は目安なのです。確定的な金額ではありませんね。

 

この業者に車を売る為には、一度は目視での査定を受ける必要があります。目視で査定が行われた結果、上記の簡易査定の時に伝えられた情報と食い違いがある時には、たまに査定額が変化してしまう事はあるのだそうです。確定額は、あくまでも実査定が行われた時に伝えられる訳です。

 

ですのでワイドプロジェクトに対して簡易査定を依頼するのであれば、できるだけ詳細かつ正確な情報を伝える方が良いでしょう。
【30系】2代目ハリアー買取相場

続きを読む≫ 2015/01/03 09:54:03

大阪エリアの北部には、吹田インターチェンジがあります。そのすぐ西側には大きな公園が広がっているのですが、そのエリアの南西側に1軒の車買取のお店があります。ちなみにカーズアップエイトという業者の店舗になります。

 

その業者の一番の特徴は、提示価格の透明性です。車の買取業者というのは、顧客に対して金額が提示してくれます。しかしその根拠に関しては、あまり明確ではない業者が多いですね。もちろん根拠を持って査定を行っているのですが、あくまでも顧客から聞かれた時のみ答えるという姿勢になっているようです。
ところがカーズアップエイトの場合は、顧客から聞かれなくても論拠を明示してくれるのが特徴ですね。説明してくれる点は、主に2つあります。

 

まず流通しているデータです。カーズアップエイトではもちろん査定を行った後に、顧客に金額を提示してくれます。その金額は、しっかりと流通データに基づいているのだそうです。カーズアップエイトでは、そのデータを顧客に開示してくれるようですね。つまりしっかりと根拠に基づいて算出しているという点を、来店客に明示してくれる訳です。

 

もう1つですが、その査定です。車の買取業者は、そもそも査定表と呼ばれるものを作っている事が多いですね。紙媒体や電子媒体など形式は様々ですが、色々とメモや記録を取っています。カーズアップエイトの場合は、その査定表を自分から見せてくれるそうです。ですので顧客としては、提示された金額の「理由」が分かるようになっているそうです。

 

このようにカーズアップエイトという会社は、来店客に対して査定額の論拠を明示してくれるのが特徴です。すなわち透明性の高い金額提示が、この業者の特徴と言えるでしょう。透明性の高さは、会社としてはとても大事な事だと思うのですが。納得して車を売却できるという意味で、大阪にあるカーズアップエイトはおすすめです。
エクストレイル 買取

続きを読む≫ 2014/12/05 18:25:05

ここ最近の車買取業者は、他社と話をするような機会も生まれてきているようです。数年前では、ほぼ有り得ないような機会が生じている訳です。

 

どういう事かと言いますと、一括査定をきっかけに他社とバッティングするようなケースです。最近の一括査定の利用者は、同じ時間帯に複数業者に車を見てもらっているような事も多いそうですね。本来でしたら13時にA社で14時にB社、15時にC社などと各時間帯に各業者の振り分けを行う事が多いでしょう。その方が、査定当日は混乱しづらいからです。

 

しかし実際に査定を受けている方の事例を色々と聞いてみますと、敢えてバッティングさせているような事も多いようですね。つまり13時にA社とB社とC社という、3社の鉢合わせ状態を作っている訳です。そのような時には、業者同士で話し合いをする事もあるようですね。

 

もっとすごい事例もあります。人によってはその複数の業者のバッティングを、ファミレスで行わせるような事もあるのだそうです。つまり複数の買取業者にファミレスで集まってもらって、競合させるというやり方ですね。その顧客は、さすがにかなりの上級車だと思うのですが。

 

一昔前では、そのような事はほぼ有り得なかったと思います。そもそも一昔前はネット媒体がありませんでしたし、出張査定の存在を知らない方も多かったと思います。店頭査定がメインになり、他社とのバッティングは発生しづらかったのではないでしょうか。他の業者と対面する機会などは、ほぼ皆無だったと思います。
インプレッサ 査定

 

しかし最近ではネット媒体の普及によって、上記のように他社と対面するような事態も起きている訳ですね。それを考えると、やはり一括査定のシステムは車買取の業界には大きな影響を与えたのだと思います。

続きを読む≫ 2014/11/27 21:25:27

買取の対象となるものの中には、かなり複雑な状況になり得る物もあります。車などは、色々な買取対象の中でも比較的複雑です。特に必要な書類の数や、名義変更などはかなり複雑ですね。車買取は、やや手間はかかると思います。

 

しかし買取対象となる物の中には、車よりも複雑な物もあります。その1つが不動産物件です。
不動産の場合は、もちろん所有者が居ます。その所有者が1名のみであれば、物件を売却するのはそれほど複雑ではありません。その所有者1人で、色々な事を決めれば良いからです。

 

ところが物件によっては、所有者は1人だけとは限らないケースもあるのです。中には2人や3人ほどが、1つの物件を共同で保有しているケースもあります。そのような時には、ちょっと事情が複雑になりますね。

 

例えばAさんとBさんとCさんが、Dという不動産物件を持っているとしましょう。つまりその3名が、1つの物件を共同利用している訳です。その中でAさんが、Dを売却したいと思ったとします。そのような時は、Aさん1人では決められない事が多いです。BさんとCさんの許可を取らなければなりません。そうでないと、BさんとCさんの所有物をAさんが勝手に売却した事になってしまうからです。不動産売却では、複数名の同意が必要になる事もある訳ですね。
フィット 買取

 

では自動車の場合はどうなのかというと、そのような事はありません。そもそも数名の方々が自動車を保有していることは、まず無いからです。
強いて言えば名義変更の手続きは、やや複雑になり得ます。たまにその手続きが完了していないので、トラブルが発生する事はあるからです。しかしそれでも、不動産のように「複数者の同意」が必要なケースはまずありません。ですので不動産よりは、自動車の方が売却はシンプルかと思います。

続きを読む≫ 2014/11/24 17:21:24

ホーム RSS購読 サイトマップ