不動産のように複数者の同意は不要な車買取

不動産のように複数者の同意は不要な車買取

不動産のように複数者の同意は不要な車買取

買取の対象となるものの中には、かなり複雑な状況になり得る物もあります。車などは、色々な買取対象の中でも比較的複雑です。特に必要な書類の数や、名義変更などはかなり複雑ですね。車買取は、やや手間はかかると思います。

 

しかし買取対象となる物の中には、車よりも複雑な物もあります。その1つが不動産物件です。
不動産の場合は、もちろん所有者が居ます。その所有者が1名のみであれば、物件を売却するのはそれほど複雑ではありません。その所有者1人で、色々な事を決めれば良いからです。

 

ところが物件によっては、所有者は1人だけとは限らないケースもあるのです。中には2人や3人ほどが、1つの物件を共同で保有しているケースもあります。そのような時には、ちょっと事情が複雑になりますね。

 

例えばAさんとBさんとCさんが、Dという不動産物件を持っているとしましょう。つまりその3名が、1つの物件を共同利用している訳です。その中でAさんが、Dを売却したいと思ったとします。そのような時は、Aさん1人では決められない事が多いです。BさんとCさんの許可を取らなければなりません。そうでないと、BさんとCさんの所有物をAさんが勝手に売却した事になってしまうからです。不動産売却では、複数名の同意が必要になる事もある訳ですね。
フィット 買取

 

では自動車の場合はどうなのかというと、そのような事はありません。そもそも数名の方々が自動車を保有していることは、まず無いからです。
強いて言えば名義変更の手続きは、やや複雑になり得ます。たまにその手続きが完了していないので、トラブルが発生する事はあるからです。しかしそれでも、不動産のように「複数者の同意」が必要なケースはまずありません。ですので不動産よりは、自動車の方が売却はシンプルかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ