車買取の業者同士の鉢合わせを生み出した一括査定

車買取の業者同士の鉢合わせを生み出した一括査定

車買取の業者同士の鉢合わせを生み出した一括査定

ここ最近の車買取業者は、他社と話をするような機会も生まれてきているようです。数年前では、ほぼ有り得ないような機会が生じている訳です。

 

どういう事かと言いますと、一括査定をきっかけに他社とバッティングするようなケースです。最近の一括査定の利用者は、同じ時間帯に複数業者に車を見てもらっているような事も多いそうですね。本来でしたら13時にA社で14時にB社、15時にC社などと各時間帯に各業者の振り分けを行う事が多いでしょう。その方が、査定当日は混乱しづらいからです。

 

しかし実際に査定を受けている方の事例を色々と聞いてみますと、敢えてバッティングさせているような事も多いようですね。つまり13時にA社とB社とC社という、3社の鉢合わせ状態を作っている訳です。そのような時には、業者同士で話し合いをする事もあるようですね。

 

もっとすごい事例もあります。人によってはその複数の業者のバッティングを、ファミレスで行わせるような事もあるのだそうです。つまり複数の買取業者にファミレスで集まってもらって、競合させるというやり方ですね。その顧客は、さすがにかなりの上級車だと思うのですが。

 

一昔前では、そのような事はほぼ有り得なかったと思います。そもそも一昔前はネット媒体がありませんでしたし、出張査定の存在を知らない方も多かったと思います。店頭査定がメインになり、他社とのバッティングは発生しづらかったのではないでしょうか。他の業者と対面する機会などは、ほぼ皆無だったと思います。
インプレッサ 査定

 

しかし最近ではネット媒体の普及によって、上記のように他社と対面するような事態も起きている訳ですね。それを考えると、やはり一括査定のシステムは車買取の業界には大きな影響を与えたのだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ